加齢により体重や体脂肪が増える原因

加齢に伴い痩せにくく太りやすくなったと感じている人は多いのではないでしょうか。年をとると、人間の体は基礎代謝が低下します。それが原因で、体重がだんだんとふえていくわけです。基礎代謝とは、じっとしている時でも使うカロリー量です。最小限のエネルギーとは、運動などをしなくても消費されるエネルギーであり、体重や体脂肪の増減に大きく関っているものです。自分の基礎代謝を増やすにはどうするかを知ることが、年をとってからの体重を増やさないためには大事です。かつては、ダイエットをしなくても標準的な体型でいられたという人でも、基礎代謝が下がるにつれて、身体に脂肪がつき、体重も増加していきます。特に、若い頃と変わらない食生活を続けているというような人は、体重や体脂肪が増加することは当たり前のことです。生活習慣を見直して、運動をする時間を確保して、基礎代謝量をアップさせることが大切です。ダンベル運動や、バランスボールエクササイズなど、運動に自信がない人でも軽い気持ちで挑戦できるような運動を続けるだけでも、基礎代謝を高める効果を得ることができます。筋トレによって筋肉量が増えれば、基礎代謝量もアップして、消費カロリーを増やすことができます。筋トレをする時には、下半身の筋肉や、腹筋や、背筋のような、大きな筋肉を意識して強化することで、基礎代謝をより高くできるでしょう。最初は、ちょっと力を入れるだけでできるような筋トレにしておきましょう。最初からハードな筋トレにすると、筋を損ねてしまうかもしれません。年をとると、体脂肪が増え、体重が増加しやすいので、その点を踏まえてウエイトコントロールに取り組みましょう。http://xn--swqx58ds4o80e8vb.xyz/

SNSでもご購読できます。