2016年 12月 の投稿一覧

顔の乾燥肌対策をする方法

シーズンによってお肌の乾燥の度合いは異なってきますが、乾燥肌に悩まされている人は少なくありません。体質が関係しているのはもちろんのこと、日頃からの生活習慣の乱れや食生活の乱れ、ストレスなどによっても、肌荒れや肌の乾燥を招くこともあります。乾燥肌にならないような対策をするには、生活習慣や食生活の改善、またストレスを解消していく、または軽減できる生活環境を整えていくことが大切です。自律神経や、ホルモン分泌が正常に作動し、毎日いい睡眠をとれるようにするには、規則正しい早寝早起きが肝心です。ホルモンのバランスが乱れたり、自律神経がきちんと働かなくなると、肌トラブルの原因になります。毎日ぐっすり寝て、気持ちよく目覚められるようにすることが、乾燥肌を防ぎ、お肌のコンディションを改善する効果につながると言われています。お肌に必要な栄養が足りなくなると、肌トラブルや、肌乾燥の原因になってしまうことがありますので要注意です。普段の食生活を見直して、栄養バランスのとれた食生活をすることも、乾燥肌にならないための対策として有効な方法です。精神的に不安定な状態、ストレスなどを溜め込むことでも、自律神経やホルモンバランスの乱れの原因にもなり得ます。ストレスを解消するために、休みの日は積極的に休み、楽しいことや、好きなことに打ち込む時間をつくることも効果的です。乾燥肌の対策には、スキンケアも大事です。洗顔後には化粧水で保湿を行い、美容液で皮膚に必要な栄養を浸透させましょう。肌荒れや、肌のかゆみが、乾燥肌であることと深く関係している場合もありますので、乾燥肌対策には力を入れたいものです。実際に利用したのはこのグリーンスムージー

加齢により体重や体脂肪が増える原因

加齢に伴い痩せにくく太りやすくなったと感じている人は多いのではないでしょうか。年をとると、人間の体は基礎代謝が低下します。それが原因で、体重がだんだんとふえていくわけです。基礎代謝とは、じっとしている時でも使うカロリー量です。最小限のエネルギーとは、運動などをしなくても消費されるエネルギーであり、体重や体脂肪の増減に大きく関っているものです。自分の基礎代謝を増やすにはどうするかを知ることが、年をとってからの体重を増やさないためには大事です。かつては、ダイエットをしなくても標準的な体型でいられたという人でも、基礎代謝が下がるにつれて、身体に脂肪がつき、体重も増加していきます。特に、若い頃と変わらない食生活を続けているというような人は、体重や体脂肪が増加することは当たり前のことです。生活習慣を見直して、運動をする時間を確保して、基礎代謝量をアップさせることが大切です。ダンベル運動や、バランスボールエクササイズなど、運動に自信がない人でも軽い気持ちで挑戦できるような運動を続けるだけでも、基礎代謝を高める効果を得ることができます。筋トレによって筋肉量が増えれば、基礎代謝量もアップして、消費カロリーを増やすことができます。筋トレをする時には、下半身の筋肉や、腹筋や、背筋のような、大きな筋肉を意識して強化することで、基礎代謝をより高くできるでしょう。最初は、ちょっと力を入れるだけでできるような筋トレにしておきましょう。最初からハードな筋トレにすると、筋を損ねてしまうかもしれません。年をとると、体脂肪が増え、体重が増加しやすいので、その点を踏まえてウエイトコントロールに取り組みましょう。http://xn--swqx58ds4o80e8vb.xyz/